KYS:013

中国地方の子守歌/箱根八里は(馬子唄)

本文:8ページ
価格:500円(税別)

[楽曲解説]

「中国地方の子守歌」
 岡山県西南部周辺に伝わる民謡「ねんねん守の唄」を1928年に編曲した作品。当地出身であったテノール歌手上野耐之が山田に聞かせたところ、山田が大変気に入り、伴奏を付けて歌曲に仕上げた。現在では全国に普及し、子守歌の代表のような唄であるが、そのはじまりはこのようないきさつであった。

「箱根八里は(馬子唄)」
 藤原義江の求めに応じて編曲され、彼に捧げられた、1927年の作品。山田自身大変お気に入りの旋律であったようで、1950年代にヴァイオリン、鈴付きの版を作成しているほか、彼のオペラ「黒船」や「あやめ」にもその旋律を聴くことができる。

問い合わせ後の流れや送料などについては申込についてをご覧ください。

このサイトは(株)クラフトーンが運営サポートしております。ご質問等は下記メールアドレスまでお願いします。

koscak@craftone.co.jp